保育園看護師はどんなお仕事なの?

保育園看護師の求人、保育園看護師とは?

看護師というと、病院で働いているイメージがありませんか? でも、実際は病院だけではありません。 今、看護師は様々な場所で看護師として勤務しています。

そのひとつとして、保育園があります。 保育園看護師とは、名の通り保育園で働く看護師です。 それでは、仕事の内容を紹介します。
保育園看護師に強い求人サイトは?

①通園してくる園児の体調管理。
いつもと様子がおかしいところはないか?などをしっかりと チェックします。

もし保育園にいる間に体調が悪くなってしまったり、 転んでしまってケガをした園児の手当てや看病、 さらには病院へ受診する場合に付き添いなども行います。

②園内全体の衛生管理。
厨房の衛生面は大丈夫か、園内がしっかりと清掃されているか、 消毒されているか、という所まで看護師がチェックを行って いきます。

食中毒が出てしまったら大変ですし、細菌やウイルスを園内に 残しておかないようにする事で、園児の体を守っているのです。

上記2点が、保育園看護師としては主な仕事になります。 しかし、看護師らしい仕事だけでなく、子供のお世話をする 事もあります。

子供と遊びながら、子供の様子を見る事も必要ですし、 乳児の場合はオムツ交換や授乳も行います。 園児が来る前から、家に帰っていくまで気が抜けないのです。

保育士のような一面も必要になってくる仕事ですから、 子供が好きな人には、とてもやりがいのあるお仕事です。

病院で看護師をしていた人にとっては、保育園での看護師と いうのは、やはり環境はガラリと変化する事になります。 病院の場合、1対1でお世話をしていくのに対し、保育園では 大勢を一緒にお世話しなくてはならない場合もあります。

そのあたりが病院と保育園の大きな違いとなってくるでしょう。

病院以外で働く看護師は、まだまだ人数は少ないのが現状です。 しかし、様々な場所で看護師が求められている時代だからこそ、 病院だけでなく新たな看護師の活躍の場も広がっているという 事ですから、色々な場所で看護師がもっと増えていくでしょう。

眼科の仕事内容

眼科での仕事というと、あまり緊迫感のないゆったりとした職場を想像する人も多いのではないでしょうか。ですが、そういったイメージで眼科を選んでしまうと、実際に働き始めた時におどろいてしまうかもしれません。

というのも、眼科ではたくさんの手術が行われています。手術を担当するのは医師ではありますが、看護師のサポートが必要不可欠であるため、看護師が担っている役割というのは非常に大きいのです。

特にたくさんの手術を行っている眼科で働く場合、体力も必要だと言えるでしょう。目というのは日常生活を送るうえで欠かせない役割を持っています。その目に異常が現れてしまうと、患者さんの多くは非常に強い不安を感じてしまうでしょう。

眼科で働く看護師は、そのような不安を抱えた患者さんと向き合っていくわけなので、患者さんを安心させる話し方や説明の仕方についても学ぶ必要があります。

また、目の異常というのは実際に体験した人でなければわからないことがたくさんあるので、患者さんの立場になって物事を考えなければ適切な薬の説明などができないこともあるわけです。

患者さんに寄り添うためには目の病気や異常について深く理解しておかなければならないので、他の科目で看護師として経験を積んできた方も眼科で働く場合には新しく学ばなければならないことがたくさんあります。

眼科以外では滅多に使わない器具などもあるので、こういったものに関する知識も求められるでしょう。 救急などの仕事に比べるとばたばた走り回るようなことはないので、落ち着いた環境で仕事をすることができるというのは眼科の大きなメリットです。

手術についても事前に予定が組まれているものが多いため、急な残業などが発生することも少ないと言えます。

それから、夜勤がないというのも眼科で働く大きな魅力です。小さな子供がいるという方も働きやすいと言えるので、夜勤がないけれど看護師としての経験や資格を活かして働ける職場を探しているという方は眼科を検討してみるといいですね。

転職で失敗してしまった例

看護師は転職しやすい職業だと言われていますが、簡単なはずの転職で失敗してしまうケースもあります。 より良い職場環境を求めて転職したはずが「転職なんてしなければよかった」という状況になってしまわないようにしましょう。

そこで、転職の失敗例として特に多いケースをご紹介します。

まず、大学病院の忙しい雰囲気が苦手で転職をしたものの、転職先もバタバタと走り回らなければならない環境だったという失敗例が多いようです。

大学病院といえばとても忙しいですよね。その忙しさに疲れ、もっとゆっくり患者さんと向き合える職場に転職しようと考える人はたくさんいます。

この失敗例の原因として考えられるのが、転職支援会社に伝えた転職先のイメージが正しく伝わっていなかったということ。人によってどの程度の忙しさを「ゆっくり働ける職場」と判断するかは違うので、担当のコンサルタントには時間をかけて自分のイメージを伝えましょう。

次に、夜勤はなくオンコールのみの職場を選んだものの、頻繁に呼び出されてしまったというケースもあるようです。特に有料老人ホームに多いトラブルなのですが、看護師は夜間のオンコールのみとしていながらこのオンコールが頻繁すぎると悩んでいる看護師は珍しくありません。

当然ながらそのような状況になってしまうと十分に休むことができず、疲れも溜まってしまいますよね。 更に気を付けなければならないのが、呼び出しがある職場です。

特に施設のすぐ近くに住んでいる看護師は頻繁に呼び出されてしまうこともあるので、電話当番の頻度や呼び出しがあるかどうかという点は事前によく確認しておいたほうがいいでしょう。

職場の中には、実際に働き始めてみないと悪いところが見えてこないケースもあります。 ですが、働き始めて自分とは合わないと感じた職場であったとしても、すぐに辞めるというのは言いにくいですよね。

まずは事前にできるだけたくさんの情報を集めることが大切です。 転職支援サイトなどでよく相談をして自分に合った職場を探しましょう。

↑ PAGE TOP